企業情報

会社概要
会社名
株式会社 インテグラル
所在地
〒359-0002 埼玉県所沢市中富1557
代表取締役
上田 正之
設立
昭和62年3月
電話番号
04-2946-1591
事業内容
GAS Hybrid SYSTEMの開発・設計及び製造・販売
バスでご来社の場合

所沢駅東口より、西武バス「(所61)西武バス所沢営業所行」、「(大34)大宮駅西口行」、「(所58-1)上福岡駅西口行」のいずれかに乗車、停留所「市民武道館」下車、徒歩2分。

お車でご来社の場合

関越自動車道所沢I.Cを下り国道463号(浦和所沢バイパス)を所沢市街地方面へ。松郷交差点を右折、県道126号(所沢堀兼狭山線)中富交差点を左折、市民武道館前交差点先の路地を左折。

インテグラル・ヒストリー

弊社は1987年4月に自動車競技用エンジン制御システムの開発・製造・販売を目的に設立されました。 カーメーカー・電子制御メーカーで設計・開発、試験・研究などの分野で活躍していた実務経験豊かなエンジニアが集いスタートしました。世界ラリー選手権(WRC)やF-1に装置を供給し、各チームの優勝にも貢献致しました。

2000年に入り、地球環境とクルマの融和が叫ばれるようになり、時代のニーズに応え、弊社においても、ディーゼル車のNOx・PM低減装置の市販化などに着手致しました。その後、現在のガスハイブリッドシステムを開発、2008年に販売開始致しました。

  • 1987

    株式会社インテグラル設立

    国内自動車競技の最高峰F3000用エンジン制御システムの開発・設計・製造を行う企業として設立。Footworkレーシング、Speedstarレーシング、チームADVANに供給。弊社装置装着車が数々の優勝・入賞を果たしました。

  • 1988

    世界ラリー選手権(WRC)への挑戦

    マツダ・ラリーチーム・ヨーロッパの「マツダ・323 4WD」のWRCグループA車輛にインテグラル社製エンジン制御装置が搭載され現地でフルサポートを行いました。5月ギリシャ「アクロポリスラリー」、8月フィンランド「1000湖ラリー」(総合3位)、「ラリー・オーストラリア」(アジアパシフィックラリー)(総合優勝)へ出場し、その後も、WRCシリーズ戦のサポートを続け、1989年「WRCスウェディッシュ・ラリー」では、マツダ・323 4WDが並みいる世界の強豪を抑え総合優勝を勝ち取りました。

    1988 ラリー・オーストラリアスタート title=
    1988 ラリー・オーストラリアスタート
    1988.11 ラリー・オーストラリア
    1988.11 ラリー・オーストラリア
    1988.5 ギリシャ・パフォーマンステスト
    1988.5 ギリシャ・パフォーマンステスト
    1988.5 ギリシャ・パフォーマンステスト
    1988.5 ギリシャ・パフォーマンステスト
    1988.5 ギリシャ・パフォーマンステスト
    1988.5 ギリシャ・パフォーマンステスト
    1988.5 ギリシャ・パフォーマンステスト
    1988.5 ギリシャ・パフォーマンステスト
*** 舞台は F 1 へ ***
  • 1991

    Formula-1(F1)への挑戦

    1991年、インテグラル製の制御装置を搭載した、FootworkF3000チームが、F-1ライセンス取得のため国際F3000・ポー(フランス)、ブランズハッチ(英国)に出場、制御システム支援メンバーとして参画、フルサポートを行いました。

    1988.5 フランス・ポー、インターナショナルF3000
    1988.5 フランス・ポー、インターナショナルF3000
    1991.8 ロータス・ヘーゼル・テストコースにて、F-1パフォーマンステスト。ピーター・ライト、ジョニー・ハーバート、ミカ・ハキネンと共に。
    1991.8 ロータス・ヘーゼル・テストコースにて、F-1パフォーマンステスト。ピーター・ライト、ジョニー・ハーバート、ミカ・ハキネンと共に。
    1991.8 ロータス・ヘーゼル・テストコース、TESTドライバーはミカ・ハキネン。
    1991.8 ロータス・ヘーゼル・テストコース、TESTドライバーはミカ・ハキネン。
    1991.8 英国シルバーストーンサーキット
    1991.8 英国シルバーストーンサーキット
    1991.8 英国シルバーストーンサーキット
    1991.8 英国シルバーストーンサーキット
    1991 チーム・ロータス英国ノーウィッジにて
    1991 チーム・ロータス英国ノーウィッジにて
  • 1993

    世界ラリー選手権で開発したデジタルメーター技術を市販車の各種計器に応用

    世界ラリー選手権に装置を供給する際に開発したデジタルメーター技術を市販車用にリファイン。簡易型空燃比計やノッキング検出器などを商品化し市場投入。 自動車部品メーカーや自動車メーカーの品質管理部門にもご利用戴きました。

    デジタルメーターリーフレット
*** 2000年 新世紀の幕開け ***

21世紀 に入り 、それまでは漠然としていたCO2による 地球の温暖化が、異常 気象となって如実に 表れ、更に、ヨーロッパではCO2の排出が少ないと言う事でEC圏内で推奨されていたディーゼル車が、多量のPMを排出していたため、大気汚染が 深刻 になり、多くの人に健康被害をもたらしました。PMなどについては、日本に於いてもNOxPM法などが施行され ました。

  • 2002

    NOx/PM低減装置の制御システム開発・商品化

    株式会社デプロ様ご依頼のもと、ディーゼルエンジンNOx/PM低減装置の制御システム開発と商品化に従事し、いすゞエルフ・三菱キャンター用「MLIT-NPR-6」及び、いすゞフォワード用「MLIT-NPR-10」の制御システム商品化に成功。

  • 2007

    海外展開・試作品提供

    海外展開も開始し、株式会社デプロ様主導の下、NOx/PM低減装置を韓国SKコーポレーションに試作品50台を提供。ソウル市内の循環バスに利用されました。

  • 2008

    ガスハイブリッドカーの開発

    当時の国土交通省・経済産業省・環境省などが推進する自動車用エネルギーの多様化・CO2低減策などに呼応し、2005年、ガソリン一極集中型の消費構造を多様化させる「次世代エネルギー開発プロジェクト」を発足させ、CNG・LPG・メタノールなどの燃料を現行市販車に高次元に適合させるため、様々な検討と調査を行い、その結果、充分なインフラが整い、クリーンで安全性の高いLPGに集約し開発を進め、2008年11月、インテグラル・ガスハイブリッドシステムを発表。「三菱ランサーエボリューション」「スバル・インプレッサWRX」を始め、実用車では、プロボックス・ハイエース・アクシオ…と次々と開発。販売も開始しました。

  • 2011

    東日本大震災 被災地支援

    大手LPガス会社より、ガソリン不足が続く被災地営業所に向けての緊急LPG車供給支援依頼を受け、万難を排し、短納期で納車致しました。

    東日本大震災被災地支援

  • 2019

    新しい拠点へ

    埼玉県所沢市中富へ移転。数度の工場移転を経て、生産能力UP・納期改善のため、預かり車輛の一括管理なども含め広い敷地の現在の場所へと移転いたしました。

    インテグラル社屋

  • 2020

    敷地内にLPGスタンド増設

    当社工場敷地内に新組新車給油および研究開発用としてLPGスタンドを設置。 激甚災害などの時にも活躍します。

    自社LPGスタンド

  • 2021

    新エネルギー開発へ

    これからも人とクルマのより良い関係を目指し、環境に配慮した次世代自動車用エネルギー利用に向け、新製品を研究開発していきます。